2011年11月19日

脱原発コミュニティカフェ


11月16日(水)
アピール参加者 8名(女6名、男2名)
座り込み参加者 2名

北電の脱原発(志賀原発が停止状態)250日目
北電前庭で中国と日本の国旗が掲げられていました。
中国の誰かが北電本社を訪問しているのかな?

通行人の女性で署名された方は福島から富山に来られた方でした。

ところで、私が反原発運動にかかわった動機は複合的です。
でも行動をおこした一番のきっかけは、
スリーマイル島原発事故後に巨大化し、奇形化したタンポポの写真を見たことでした。
そのとき、「原発は認められない」と強く感じました。

あれから30年ほど経過し、再び、写真があります。
黄色いツワブキの花弁がねじれている写真です。

添えられた文章には、福島の経塚山斜面に自生するツワブキとのこと・・・・
さらに写真を撮った藤原新也は次のように書いています。

「国民の健康にただちに影響はない」という言葉に、人間という動物の傲慢を感じる。たしかに福島第一原発問題は“ニンゲン”が引き起こした問題だ。
その人間が自分で引き起こした問題で被害を被るというのはありうることかもしれぬが、人間はこの地球に生きている何百万種といういきもののたった一種でしかない。
その人間という種が引き起こした放射能汚染によって他の動物、生物のすべてが巻き添えに遭っているというゆゆしき事態が静かに進行している-----というのが、足繁くフクシマと東京を往復している私の偽らざる感想だ。

彼の感想は、私の行動の根っこにある思考と共通しています。
「人間はこの地球に生きている何百万種といういきもののたった一種でしかない。」

極論を言えば、ニンゲンのためではなく、他の何百万種といういきもののために反原発運動をしてもいいと思っています。
詩人として「声のないものたち」の代弁者であるために・・・・・

◆11月23日(水)は祝日なの脱原発コミュニティカフェはお休みします。

posted by ピースウォーク at 14:58 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

北電前ランチタイムカフェ

参加者10名(女7名、男3名)

北電の脱原発(志賀原発が停止状態)243日目

通行人で署名に参加された方が二人
共通点は・・・・・
どちらも中年男性でリラックス感が漂う服を着ていたことです。

そういえばビジネススーツをバシッと着て、ツカツカと歩く男性はたくさん私たちの前を通るけど・・・
まだ誰も署名に参加していないかったこと、思い出しました。

使いたくない言葉だけど、「企業戦士」の戦闘服はビジネススーツだよね。
強欲な企業に管理されて、一つの駒として働き(闘い)続ける。

それに比べて企業とはきっぱりと縁を切ったような感じの男性二人
ひとりは署名をしながら、小声で言いました。

「僕は原発で働いていたから分るんです。部品交換と言っても新品は横に置いて、交換せずに仕事を終わらせるのですよ」

あ〜、これです。やっぱりいました。

北電本社前で、「Protest BIG Business/内部告発受付中」の看板を置いて私たちはコーヒーを飲んでいます。

内部から怒りをもって変わってほしい。
企業倫理を追求して欲しい。
決定的な内部告発をまっています。

崎山講演会チラシ(F).jpg
posted by ピースウォーク at 18:52 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

県庁前座り込み終了


10月29日(土)
県庁前座り込みアクション
参加者 合計50名以上

●応援参加アーティスト:マリオさん(ギター&歌)、チンドン「おらっちゃ人生桜歌隊」の皆さん、沼田さん(ギター&歌)、あけ美&剛+石川の友人たち(フラダンス、ギター、歌、パーカッション)、のはらさん&大平さん(ハープ&クリスタルボール演奏)、清水さん(可動式「脱原発」オブジェ)
●応援出張フード:美味しいベジタブルカレー屋さん、マリオのパン屋さん
●マイクアピール:参加者みなさん

3日目も天気に恵まれ最高の座り込みの日でした。
「座り込み」と言っても、経産省前で植え込みの縁石に座っている福島の女性たちとは状況が異なり、
こちらは公園を使用したイベントぽいものになりました。

とくに29日は土曜日とあって県庁はお休みなので、リラックス感が漂っていました。

チンドンが来てくれて、すごく盛り上がり、通りがかりの人も集まり、とてもよかったです。

それから石川からもあたたかいハートと楽器を持ってたくさん来てくれました。

みなさん あ・り・が・と・う

29日のもう一つのメインアクションは・・・・・
石井知事が出る「タウンミーティング」に参加することでした。

座り込み参加者から4名が高志会館で2時から4時半まで行われたタウンミーティングに出席
この日のテーマは「北陸新幹線・平行在来線と地域活性化」で、新幹線についての質問だけに限るということは分っていました。

知事に「県民の命か原発かどっちが大事?」という質問をストレートにしてもダメだろうということで、
事前に戦略を立てて会場に出向きました。

4名は元気に手をあげましたが、なかなか当たりません。
最後に2名ということで、司会の女性の顔をしっかりみて手をあげたら・・・当たりました。

質問できました。 いろいろと言葉を選んで、「新幹線」と「原発」と「県民の命」をからめて知事に尋ねました。

知事から「県民の幸せ、命、安全が優先する」という言葉が返ってきたので、これをもとに次のアクションを考えたいと思います。

このタウンミーティグはケーブルTVで放送されるということです。
放送に関する情報は後日お知らせしたいと思います。

29日の県庁前座り込みの様子は以下のサイトから動画が観れます。

http://fm4649.net/2011/10/27toyama/

http://www.ustream.tv/channel/fm4649-net

ひとまず座り込みアクションは終わりました。

メッセージを寄せてくれた方々、参加してくれた皆さん、本当にありがとう。

これからは隣県や全国の人たちともっともっとつながって志賀原発廃炉アクションを継続させていきたいと思います。
posted by ピースウォーク at 12:43 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。