2012年01月12日

北電前ランチタイムカフェ

2012年1月11日(水)
アピール参加者 12名(女6名、男6名)
座り込み参加者 3名

北電の脱原発(志賀原発停止状態)308日目

降り続く雪のなか・・・・、
まずシャベルを使っての雪かきをして場所を確保

ランチタイムアピールが始まりました。

適当なテントがまだないので、11日もビーチパラソルを使って
その下で七輪と火鉢を置いて暖をとりました。

脱原発コミュニティカフェは寒いけど・・・・
笑顔が絶えません。

なぜなら、私たちの心には希望があります。

北陸電力の社長が・・・
富山市長が・・・
富山県知事が・・・

志賀原発の再稼動を望んでも

私たちには彼らとは異なる未来像があります。
子や孫に残したい未来です。

だから声を上げます。
だから真剣です。
だから抵抗します。

雪のなかで立っているとき
突然「We shall over come」の歌が頭をめぐりました。

We shall overcome
We shall overcome someday
Oh deep in my heart
I do believe
We shall overcome someday


いつか乗り越えることができる
信じます。

s-IMG_4019.jpg
posted by ピースウォーク at 12:40 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245716380

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。