2011年10月28日

「さよなら志賀原発」 富山県庁前座り込みアクション


10月28日(金)
県庁前座り込みアクション
参加者 合計40名以上

応援参加アーテイスト: ウェイノ(南米フォーク音楽演奏)、大平さん(クリスタルボール演奏)、あけ美さん姉妹(フラダンス)
応援出張フード: 美味しいベジタブルカレー屋さん
マイクアピール参加者: 村石市議会議員、神奈川県から高岡の実家に子どもと一緒に避難してきた女性、不二越第二次訴訟の原告キム・ジョンジュ、富大大学生、その他たくさん

午前中はマイクアピールの後に、原発カルタを参加者でやりました。

いい天気のお昼時間にウェイノが噴水広場の芝生の上で演奏をはじめました。
カレーを手にもった人たちが集まり、生演奏を聴いての贅沢な昼食。
県庁職員もベンチに座って聴いていました。
通りすがりの人も聴いていました。
谷中さんから「原発反対の人も、原発賛成の人もこの音楽を聴いて一緒に考えましょう」のメッセージがありました。
ありがとう!

クリスタルボールの音のバイブレーションに眠たくなった人もいましたね。
それから・・・フラダンス「イマジン」を教えてもらって皆で踊りました。

キム・ジョンジュさんの証言を聞き、彼女の怒りを共有できたこともよかったです。

私たちの今日の午後の中継はFM4649でアップされます。


でも、残念なことに、ピンクの風船が30個まとめてずっと青空に上って行ってしまいました。
私たちの願いが、青空のずっと上で観ているあの人に届きますように・・・

以下の動画を観てください。

そして明日、彼女たちと連帯するために県庁前噴水公園に来てください。
原発いらない福島の女たち〜100人の座り込み〜」中継プロジェクトCM





ではまたあした
posted by ピースウォーク at 20:57 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232497261

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。