2011年09月29日

ランチタイム・脱原発カフェ


9月28日(水)
参加者12名(女7名、男4名、子ども1名)

私たちの「脱原発コミュニティカフェ」は小さな青空カフェです。
先週の水曜日は台風の影響で閉店。

28日はさわやかな青空の下、2週間ぶりのオープンでした。

新顔の方もちらほら・・・
内、女性ひとりの方は私たちのブログを見て、参加されました。
ちょうど、その場に居合わせた「放射能から子どもを守りたい in 富山」の方と情報交換。
よかったです。

常連さんは「反節電」のマイクアピール。
北電社員がランチに出てくるときと重なり、自然と力がこもります。

「今まで『省エネ』という言葉で、取組まれていたことが、この夏は『節電』という言葉に代わり、
電力会社主導の節電キャンペーンが大々的に取組まれました。
しかし、この夏、『節電』をしなければならない日はどれだけあったでしょうか?
『省エネ』が『節電』になった裏に・・・・電力不足を煽って、原発容認の世論作りという意図があります」

歩道の木陰でコーヒーをすすりながら、参加者一同、「そうだ。そうだ」と納得で〜す。

もうひとりの常連さんは、昔覚えた応援歌の替歌を仕上げて参加者に歌詞コピーを配布。
皆で歌いました。

そのタイトルは「田螺(タニシ)殿」
歌詞は次のとおりです。

★田螺殿 田螺殿 志賀原発に行ってみんか
嫌でその 嫌でその
丁度 今年の春先に 泥鰌(ドジョウ)殿に誘われて
小川を チョロチョロ 渡るとき
福島原発いかれてよぅ 死の灰が 死の灰が
おらの周りにも 降ったとか

志賀原発に行ったとき 丁度いかれたらどうしょう
おラの子が ズンギラ ズンギラ 痛み出したら どうしょう

何か妙薬 ござりゃぬか
妙薬いろいろあるけれど 先ず第一の妙薬は
志賀原発を棄てること 原発全部を棄てること
お日様に頼ること 水や風に頼ること

そうすれば そうすれば
効能 たちまち現れて 効能 たちまち現れて
元気で 拍手 (3・3・7拍子)
ヤヤヤ ヤヤヤ ヤヤヤのヤヤヤ
ヤヤヤ ヤヤヤ ヤヤヤのヤヤヤ
ウァーーーーーー

志賀原発を直ぐ棄てよう
それが 一ちゃん いいと思うがや!
ウァーーーーーー★

と、歌をうたって大喝采で盛り上がりました。

### BIG NEWS ###

来週水曜日(10月5日)
 チェロを弾く人が
  水曜コミュニティカフェに来ま〜す。
    北電本社前でチェロ演奏
      心震えるときをあなたと共に・・・・
        来てください。
ラベル:脱原発 北電本社
posted by ピースウォーク at 20:08 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。