2011年06月25日

6/25up:24日(金)、北電本社前ランチタイムアピールDay 22


参加人数7名(女5名、男2名)

通行人に脱原発をアピールする男性弁士がふたり。
その話を聴いていたら、あっという間に時間がおわってしまいました。

福島市長に会って話を聞いたという又市さんが、同市長がチェルノブイリ原発事故後に多発した自殺が福島でも多くなることを心配していたことに言及し、
さらに板壁に「原発さえなければ」と書いて自らの命を絶った福島の酪農家についても話のなかでふれられました。

被爆によって夢や希望が絶たれた人々のことを考えると、今回の大事故を人事として済ますことはできません。

見かけない通行人が携帯電話で私たちの横断幕やメッセージボードを写していきました。
通りかかった知人は、仕事がらこのようなアクションに参加できないが応援している旨の言葉を残していきました。

いろんな人が通り過ぎていきますが・・・・、
一人ひとりに「あなたの将来に原発は必要ですか?」と問いかけたい衝動にかられました。



posted by ピースウォーク at 11:08 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211757965

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。