2011年09月29日

ランチタイム・脱原発カフェ


9月28日(水)
参加者12名(女7名、男4名、子ども1名)

私たちの「脱原発コミュニティカフェ」は小さな青空カフェです。
先週の水曜日は台風の影響で閉店。

28日はさわやかな青空の下、2週間ぶりのオープンでした。

新顔の方もちらほら・・・
内、女性ひとりの方は私たちのブログを見て、参加されました。
ちょうど、その場に居合わせた「放射能から子どもを守りたい in 富山」の方と情報交換。
よかったです。

常連さんは「反節電」のマイクアピール。
北電社員がランチに出てくるときと重なり、自然と力がこもります。

「今まで『省エネ』という言葉で、取組まれていたことが、この夏は『節電』という言葉に代わり、
電力会社主導の節電キャンペーンが大々的に取組まれました。
しかし、この夏、『節電』をしなければならない日はどれだけあったでしょうか?
『省エネ』が『節電』になった裏に・・・・電力不足を煽って、原発容認の世論作りという意図があります」

歩道の木陰でコーヒーをすすりながら、参加者一同、「そうだ。そうだ」と納得で〜す。

もうひとりの常連さんは、昔覚えた応援歌の替歌を仕上げて参加者に歌詞コピーを配布。
皆で歌いました。

そのタイトルは「田螺(タニシ)殿」
歌詞は次のとおりです。

★田螺殿 田螺殿 志賀原発に行ってみんか
嫌でその 嫌でその
丁度 今年の春先に 泥鰌(ドジョウ)殿に誘われて
小川を チョロチョロ 渡るとき
福島原発いかれてよぅ 死の灰が 死の灰が
おらの周りにも 降ったとか

志賀原発に行ったとき 丁度いかれたらどうしょう
おラの子が ズンギラ ズンギラ 痛み出したら どうしょう

何か妙薬 ござりゃぬか
妙薬いろいろあるけれど 先ず第一の妙薬は
志賀原発を棄てること 原発全部を棄てること
お日様に頼ること 水や風に頼ること

そうすれば そうすれば
効能 たちまち現れて 効能 たちまち現れて
元気で 拍手 (3・3・7拍子)
ヤヤヤ ヤヤヤ ヤヤヤのヤヤヤ
ヤヤヤ ヤヤヤ ヤヤヤのヤヤヤ
ウァーーーーーー

志賀原発を直ぐ棄てよう
それが 一ちゃん いいと思うがや!
ウァーーーーーー★

と、歌をうたって大喝采で盛り上がりました。

### BIG NEWS ###

来週水曜日(10月5日)
 チェロを弾く人が
  水曜コミュニティカフェに来ま〜す。
    北電本社前でチェロ演奏
      心震えるときをあなたと共に・・・・
        来てください。
ラベル:脱原発 北電本社
posted by ピースウォーク at 20:08 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

さよなら原発6万人集会・東京

場所しめす.jpg
19日(月・祝)、東京明治公園で「さよなら原発」の集会とパレードがありました。
参加者は主催者発表で6万人。(上の写真はネットから拝借)。

県平和運動センターの呼びかけに応えて、
富山から参加した市民グループの13名は、
同センター準備のバスに乗り込みルンルン気分で早朝出発。
富山からは総勢120名ほど参加。

途中の車中は、7/27に行われた「衆議院厚生労働委員会」の記録DVD(3時間ほど)を観ての学習付きでした。
あの児玉龍彦さんの熱弁で有名な委員会の全貌をじっくり観て、イザ東京へ!

東京明治公園は人・人・人でパック状態。
山手線の朝のラッシュ状態のよう・・・・。

集会のオープニングコンサートは「寿(kotobuki)」の沖縄風メロディが会場に流れ、
始まったオピニオンリーダーたちの発言に耳そばだてれど、
スピーカーの場所が悪いのか?発言者のマイクの使い方が悪いのか?
残念ながら、よく聞こえなかった!

発言者は鎌田慧、大江健三郎、落合恵子、内橋克人、澤地久枝、フーベルト・ヴアイガー、山本太郎、武藤類子
(ユーチューブからアワープラネットTVの映像を埋め込みます。これでよく見聞きできます。OPTVさん、ありがとうございます。)


3コースに分かれたパレードが始まってもなかなか出発することができずに待機状態の私たち。。。
その間、ステージ上ではパレード送り出しコンサートがあり、
ランキン・タクシー、ナラカズヲ、制服向上委員会の音楽を生で聴く。

ランキンは「大変だ。大変だ。やらかした」の歌手。ユーチューブの映像のとおり、力の抜けたイイ感じだった。
制服向上委員会には大拍手!
若い彼女たちのメッセージがこめられた「ダッ!ダッ!脱原発の歌」には、勇気りんりん伝わる。
それから「原発さえなければ」は初めてきいたが、自殺した酪農家の声が聞こえそうな歌だった。涙が出そう。

ようやくパレードが進み出すと、私たちが歩いた「Bコース」(1.8キロ)の最終地点「代々木公園」へとノロノロ前進。
警察が多いのに驚いたが、警官による妨害などもなく、私たちのグループはスムーズに原宿駅前を通って到着。
沿道の人は声援を送る人もいたり、無関心風の人もいたりと反応はさまざま。

歩きながら横浜から参加された若いお母さんグループと情報交換。
学校給食への横浜市の対応を知り、放射能と向きあって生きなければならない状況は、
日本国内どこでも同じだと感じました。

帰路はバスの中で弁当を食べたり、おしゃべりしたり、仮眠したり、DVDたニュースを観たりと、そうれぞれ自分の時間を楽しみ、
10時過ぎには富山に到着でした。
この道行きを準備された平和運動センターの方々、ありがとうございました。感謝です。

やっぱり、日本の東京でこれだけの規模の集会・パレードはやはりすごいよね。
ワシントンDCに住んでいたときはイラク戦争反対の10万人から50万人規模のデモに参加したけど、
今回の集会・パレードにも人間エネルギーが充満していて、参加して元気をもらいました。

私たちはエネルギーシフト、脱原発への動きを止めるわけにはいきません。
いろんな人たちによって続きます。
続けなければなりません。
子どもたちに原発のない未来をわたすために!
ガンバロ〜
posted by ピースウォーク at 15:38 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

ランチタイムカフェ&北電デモ


9月14日(水)
参加者11名(女8名、男3名)

オープン準備中に通行人から励ましの声がかかりました。
それから、署名への声かけに応えて署名参加の人3名。
一度にたくさんの人は来ないけど、一人ひとりと立ち寄ってくれること、
たいへんうれしいです。

この日は「脱原発アクションウィーク」の最中なので、
特別企画としてチェロを演奏する人を呼んで、
演奏してもらいたいと思っていましたが、
残念ながらその人の都合が悪く実現しませんでした。

演奏の予定が決まれば、事前にお知らせします。
その日は北電本社前に来てくださ〜い。

北電本社前でチェロの演奏なんて・・・・、想像しただけでもこころが震えます。

チェロと言えば、スペインのパブロ・カザルス演奏「鳥の歌」を思い出します。
カザルスの国連やホワイトハウスでの演奏。
平和活動家としても有名で、音楽を通じて世界平和のため積極的に行動した人でした。

でもやっぱり、14日は何か特別なことをしたいと思っていたので・・・・
思い立って、私、一生懸命歌の練習してきました。

前から課題としてもらっていた替歌、中島みゆき「時代」です。
この歌、なかなか難しく、チャレンジでした。

替歌の歌詞を書きますね。

#######
中島みゆき「時代」の替歌

今はこんなに悲しくて
涙も枯れ果てて
もう二度と笑顔には
なれそうもないけど・・・・

安全神話はウソだねと やっと気がつく日がきたわ
経済神話もウソだねと みんなで叫ぶ日がきたわ
だから今日はだまっていないで 志賀原発廃炉と叫びましょう

※止まるとまるよ 原発は止まる
 みんなの願いをくり返し
 子どもたちの笑顔守るため
 いのちの限り歩き出そう!

※(くり返し)
#######


E38397E383ADE383A1E38386E382A6E382B9E884B1E58E9FE799BA.jpeg ところで、夕方は「9・14脱原発アクション in とやま」に参加しました。
 集会の後 デモ行進で北電本社まで行きましたが、流れ解散の後で、
 市民有志10名ほどで再び北電本社前に行き、「ディナータイムアピール」しました。

 社員は出てこないので、前庭のプロメテウス像に向かって、マイクアピール。
 15分ぐらいだったかな?

 北電のプロメちゃんが「がんばれよ!」激励の声、
 聞こえたのは月夜のせいかもしれませんね。


posted by ピースウォーク at 08:06 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。