2011年07月27日

さよなら志賀原発集会&パレード

志賀原発にさよならを 廃炉訴え 3000人集会

写真.jpeg
志賀原発の廃炉を訴えながらパレードする集会参加者=金沢市内で
金沢中心街パレードも
 北陸電力志賀原発(志賀町)の廃炉を訴える「さよなら志賀原発集会」が二十四日、金沢市広坂の県中央公園で開かれた。
 福島第一原発の事故を契機に、脱原発を掲げる市民団体や法曹関係者、市町議ら二十四人が呼び掛け人となり企画。市中心街のパレードも行われた。
 主催者によると、参加者は約三千人。呼び掛け人代表で、志賀原発運転差し止め訴訟の弁護団長を務めた岩淵正明弁護士が「すべての原発を止め、廃炉にするまで頑張り、社会を変えていこう」とあいさつした。
 福島県飯舘村で被災し、現在、福島市で避難生活を送る同村草野小学校の事務職員愛沢卓見さん(39)も参加し、震災発生直後の惨状などを語った。
 この後、参加者は公園を出発。「志賀原発にさよならしよう」と声を上げながら、北電石川支店(金沢市下本多町)前など約四・五キロを歩いた。 (小西亮)
 上は7月25日付の北陸中日新聞の記事。

 
岩渕挨拶.jpg
集会で挨拶する実行委員長の岩渕弁護士。

 富山からも「原子力政策の見直しを求める富山行動実行委員会」(長いな〜<笑>)に参集しているグループや個人が30人ほども参加。パペットや「反原発市民の会」のゴジラも参加。
パペット.jpg

 詳しくはユーチューブでご覧ください。
 
posted by ピースウォーク at 20:27 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。