2011年07月22日

北陸電力・脱原発カフェ


7月20日(水)、北電本社前「脱原発コミュニティカフェ」
参加者 11名(女7名、男4名)

20日は台風の影響でフェーン現象がおきてすごく暑い日でしたね。
放射線量も値が高く、下の値が0.1μsv/h(マイクロシーベルト毎時)前後から
上の値が0.3μsv/hまでありましたが、平均値は前回測定したときよりも断然高いと思いました。

ドイツが公開している予測から、昨日の風の巻き込みによって、
富山あたりに放射線が運ばれてくるという情報があったので、
それと合致していました。

参加者のひとりは、孫が外で遊ばないようにと注意の電話をかけていました。

ところが、富山県が地上15メートルの場所で測定して、20日午後の数値としてサイトで公表している数値は以下のとおりです。
http://www.pref.toyama.jp/sections/1706/housyanou/

最小値0.049μsv/h
最大値0.052μsv/h
平均値0.050μsv/h

値がすごく小さいです。結論的に「自然界の放射線レベルの範囲内であり、異常は認められません」と書いてあります。
ほんとうに困りますね。地上15メートルの場所で測定してもらいたくないですよ。

近々に県の防災課の方と話し合いする予定なので、その時には富山県のモニタリングポストの不適格を指摘したいです。

ところで、20日は通行人の男性ふたりの署名がありました。
また、開店と同時に声を私たちに声をかけた男性は、
北電関連で働いているから署名はできないと言いながら、とても関心がある様子でした。

次回からは、もっと北電社員にアピールしていきたいと思います。
それから、北電の不正義に憤っている社員がいると思うので、
その人がそっと内部告発ができるような環境を整えていきたいと思っています。

追記:20日の映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=FdOaTB8n9xg&feature=youtube_gdata_player
posted by ピースウォーク at 07:48 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。