2011年06月25日

6/25up:24日(金)、北電本社前ランチタイムアピールDay 22


参加人数7名(女5名、男2名)

通行人に脱原発をアピールする男性弁士がふたり。
その話を聴いていたら、あっという間に時間がおわってしまいました。

福島市長に会って話を聞いたという又市さんが、同市長がチェルノブイリ原発事故後に多発した自殺が福島でも多くなることを心配していたことに言及し、
さらに板壁に「原発さえなければ」と書いて自らの命を絶った福島の酪農家についても話のなかでふれられました。

被爆によって夢や希望が絶たれた人々のことを考えると、今回の大事故を人事として済ますことはできません。

見かけない通行人が携帯電話で私たちの横断幕やメッセージボードを写していきました。
通りかかった知人は、仕事がらこのようなアクションに参加できないが応援している旨の言葉を残していきました。

いろんな人が通り過ぎていきますが・・・・、
一人ひとりに「あなたの将来に原発は必要ですか?」と問いかけたい衝動にかられました。



posted by ピースウォーク at 11:08 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

6/17up:16日(木)、北電本社前ランチタイムアピールDay 16



16日(木)、北電本社前ランチタイムアピールDay 16でした。
参加人数6名(女5名、男1名)

私が書き続けている「的場さん」の顔を見てみたい、と思っている人がたくさんいるかも?

16日は、その思いを実行に移した友が参加してくれました。
的場さんの顔を見た彼女のつぶやき・・・・「意外とカッコがイイ、若い人ね」

はやりの先細の革靴、パリッとした白いシャツ、いつもジェルでアップ気味の髪型・・・。
ツカツカと歩いて前を通っていく姿は、一見、やり手の雰囲気もただよわせています。
昨日は一言もしゃべらずに行ってしまったので、彼女は・・・「何か言えばいいのに」と言っていました。

マイクでアピールしている人は、「節電を原発存続の言訳に利用してはいけな〜い。節電を勧める前に北電はやることがある」と時勢に応じたホットなアピールでした。
初参加の人も自分の思いを語り、さらに辺見庸の新しい詩「死者に言葉をあてがえ」を読み上げる人もいました。

的場さんの顔が見たい人、自分の思いを北電社員と通行人にアピールしたい人、とにかく表現したい人、大歓迎です。
北電本社前ランチタイムアピール、ウィークデイの12〜13時までやっています。
posted by ピースウォーク at 09:34 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

6/16up: 15日(水)、北電本社前ランチタイムアピールDay 15でした。



15日(水)、北電本社前ランチタイムアピールDay 15でした。
参加人数4名(全女)

さわやかなお昼時、いつもの時間がはじまりました。

ランチに出てくる社員の顔ぶれはほとんど同じですね。
それでも社外から北電に来る背広の方々が、
「何事か?」といような顔をして私たちのメッセージボードを読んでいます。

地域広報部の的場さんは、14日に流した音楽を聞いた界隈の人から自粛してほしい旨の声があがったと伝えにきました。
ランキンタクシーの歌ですね。北電界隈から反応があるということは良いことで〜す。

そうそう、脱原発の歌がぞくぞく誕生しています。
以下のサイトが紹介されました。
http://www.youtube.com/watch?v=Es75yjeaGII
ローティーンのアイドルグループ「制服向上委員会」の「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」です。
6.11新宿デモでも歌っていたようです。

以下歌詞です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」  

ダッ!ダッ!脱・原発 ダッ!ダッ!脱・原発
ダッ!ダッ!脱・原発 ダッ!ダッ!脱・原発

それはそれは とても許せないお話
たとえたとえ国の政策だとしても
危ないことが起きてしまったのにウソついて
「ただちに人体に影響はない」なんてね

それがそれが 素晴らしい発明だとしても
それはそれは 習わない言葉だけれど
ベクレルセシウム メルトダウンにタービン建屋
モニタリングに 高いマイクロシーベルト

もう忘れないから 原発推進派
安全だったらアナタが住めばいい
みんなに迷惑かけちゃって
未熟な大人で恥ずかしいよね

ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!脱 脱・原発を
ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!脱 大きな声で

世界へ向けて叫ぼう 危険な現実を

こんな時も 政治家さんはダメですね
いつもいつも富と名誉のことばかり

自然を生きる 野生の鳥たちには想定外 (想定外です!)
避難地域が どこからどこかわからない

もう忘れないよ 原発事故のこと
覚えておこう 被害の大きさ
大地と海 二次災害 人の心にまで

ダッ!ダッ!脱・原発 ダッ!ダッ!脱・原発

私たちは忘れない 原発事故のこと

忘れないから 原発推進派
安全だったらアナタが住めばいい
みんなに迷惑かけちゃって
未熟な大人で恥ずかしいよね

ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!脱 脱・原発を
ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!脱 大きな声で

世界へ向けて叫ぼう 危険な現実を

ダッ!ダッ!脱・原発 ダッ!ダッ!脱・原発
ダッ!ダッ!脱・原発
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日もやりますランチタイムアピール!
前を車で通ったら、ホーンをならして応援してください。よろしく。

(さゆり)
posted by ピースウォーク at 09:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。